家庭で作れる経口補水液

経口補水液

家庭で作れる経口補水液

 熱中症、嘔吐下痢症、発熱時など脱水を起こすおそれのある場合、水分の補給が必要です。

効率よく水分を補給するには、塩分、糖分が適切な濃度で含まれていることが大切です。

OS-1など、「経口補水液」として販売されているものを利用するのがベストですが、

近いものをご家庭で作成することもできます。手元にOS-1などが無い場合の参考にして下さい。

飲む量は発汗や脱水状態の程度をみながら、以下の目安量を参考にお飲みください。

【乳児】体重1kgあたり30~50ml/日

【幼児】300~600ml/日

【学童・成人】500~1000ml/日

※ご家庭で作成したものは、保存せすぐにお飲み下さい。

(一気に飲まず、一日かけて上記の量を飲めばよいです。)

※冷たい飲み物をとると胃腸や体に負担をかけることになります。

嘔吐や下痢のある時、体力低下しているときには冷やさずに飲むことをお勧めします。

※下記に当てはまる方は経口補水液利用の前に主治医に相談下さい。

ナトリウム、カリウムなどの摂取制限を受けておられる方

心不全、腎不全などのむくみやすい方

発熱や嘔吐、下痢が激しく、飲食ができない場合

Amazon.co.jp : 経口補水液
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました